根本的なケアをすることが大事

鼻づまりから頭痛に

頭痛の原因は色々なことが要因で起こると言われています。
空洞が複数がりますが、その空洞に最近やウイルスが入り込んで感染を起こし、炎症が生じ、ウミ混じりの鼻汁がたまってしまい、呼吸などが困難で、これが要因で、頭痛が関係すると言われています。

 

日本人に多い病気の一つ。

 

服鼻空の炎症として、鼻の粘膜に分布しているさんまた神経を刺激し、さらには脳の血管の周りにある山叉神経にまで盈虚雨を及ぼす。そのために、末梢があると、片頭痛や群発頭痛の悪化を招いてしまう。中でも、蝶形骨洞という一番奥の鼻の神経に生じる神経が最も強い痛みを起こしやすいことがわかっています。

 

下を向いていた時に、鼻の上や目頭のあたりを痛くなったり、頭を振った時に頭痛から後頭部にかけて激痛が走ったりする。

 

やはり一番は、鼻の痛みを和らげるために、耳鼻科で診てもらうことが一番になりますね。ついつい、頭痛のために、鎮痛薬などを服用しがちですが、根本的な部分は解消できないために、しっかりとしたケアを行うことが重要になります。