痛みが起こってからイミグランを使うのか?

イミグランの効果で片頭痛を緩和する

片頭痛が起こりやすいのが女性だと言われていますが、特にそのままにしておくことはいけませんね。どのようなことをしたら良いのではなく、どんなことをしたら痛みが和らぐのかを考えておくことが重要です。

 

たしかに、片頭痛特有のズキンズキンと来るような痛みを緩和させるために、イミグランを毎日のように服用する考え方は有ります。今まであんなにも痛かったのに、イミグランを服用することで、すっきりとした痛みが緩和できるのなら、これほどの嬉しいことはないはずです。

 

ただし、イミグランも痛みを緩和させる効果だけでなく、副作用があるのも事実です。本当のところを考えてから、どのようなことをしたら良いのかを考えるべきなんですよね。

 

そもそも痛み以外の症状も起こりやすいのが片頭痛の嫌なところです。痛み以外にも特徴的ないくつの症状が伴うと頭痛と同時に光や音、匂いに敏感になったり、皮膚などの敏感が起こり、そのためコンタクトレンズやメガネなど異様に気になったりするわけなんですよね。

 

ときどきは頭を冷やしたりしてもいいかと思いますが、どれだけ悩んでいても、解消できない場合に頭痛薬を服用することが望ましい選択になります。

 

さらに軽い吐き気や嘔吐、頭痛の時は物を考えたり、作業ができなくなる場合が多いです。それから頭痛の全長として目の前がチカチカしたり、首や肩の異常なコリ、生あくび、空腹感などを覚える人もいますので、どのようなことが起こったのかを自分で自覚して、対応策を考えておくことも必要になります。

 

症状が悪化する前に、どのようなことをすれば緩和するのかをある程度感じてから対処しておくことが重要です。