イミグランはセロトニンと関係してくる?

イミグランの効果について

イミグランはセロトニン作動性血管収縮薬とも言われるように血管の収縮と拡張に関与するセロトニンに作用して、拡張した血管が収縮するように働いて頭痛を抑えてくれます。

 

一方で、新しい薬剤であるトリプタンもセロトニン作動性血管ん収縮薬であり、基本的な作用メカニズムはイミグランと同じとされています。

 

つまり片頭痛の原因である、拡張した脳内の血管を収縮させるポイントは同じなんですね。

 

ただし、イミグランの場合は三叉神経痛の痛みを緩和させることもわかっています。
それは片頭痛への効き目によって部分的にではあるが説明されています。

 

なお、イミグランもトリプタンも対応療法として片頭痛の痛みを根本的に取るだけであり、発生を抑える効果はありません。

 

要するに、偏頭痛を根本的に治療することはできないことを把握した上で、複葉を刷ることが望ましくなります。